時忍(6)

価格:150円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

海外の資本と業務提携するか、開園以来の家族的経営を守るか。平成徳川村の今後を決める職員全体会議が始まった。保守派の代表となった鳥海静香は、村の「伝統」を守ろうと、熱く想いを語る。続いて改革派の代表として壇上に上がった甲賀駿介は、意外にも渡と服部を舞台に上げ、渡の判断を乞うた。

「平成徳川村は家族、そして服部どのはわが家長。服部どのに従うでござる」

――村の運命は、服部に託された。全員の目が服部に集まる。静香も服部を見つめている。服部は自らの心を決めて、語り出した。

同じタイトルの作品

時忍(7)

藤咲淳一

渡時直の活躍によって族の襲撃は退けたものの、平成徳川村には正体不明の嫌がらせが相次ぐ。園内の夜回りを…

時忍(8)

藤咲淳一

鳥海静香は服部遊の目の前で消えた。服部とともに宝の探索に出た渡時直も、廃坑の中で姿を消した。ひとり古…

同じ著者の作品

城喰 ~シロクロ~

藤咲淳一

2人の少年が織り成す成長譚を、新ジャンル「築城戦記」にて描く!