櫻の文様 紫紅社刊

価格:1200円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

絢爛な桜の文様美のすべて。
「櫻の文様」紹介より
古来より、花といえば桜のことをいいます。私たち日本人は、桜にことのほか深い思いを寄せて、詩歌に詠み、物語に描写し、美術工芸品に、着物にその文様を描いて、いつの時代も桜はなを愛でてきたのです。
春のわずかな時間の、桜花の美しさを掌中の珠のように大切にしてきた日本人の心情は、まことに繊細であるといえましょう。本書は、そんな桜に魅せられた意匠家が、精緻を凝らして、あらたな桜のいのちを開花させた図集です。

同じ著者の作品

菊と紅葉の文様 紫紅社刊

谷本一郎

日本の文様美の原点、秋の風趣をデザインで愛でる気鋭の意匠家が日本の秋を彩る高貴な菊、あでやかな紅葉の…