マシアス・ギリの失脚

価格:690円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

舞台は、毎朝、毎夕、無数の鳥たちが飛びまわり、鳴きさわぐ南洋の島国、ナビダード民主共和国。鳥たちは遠い先祖の霊、と島の人々は言う。日本占領軍の使い走りだった少年が日本とのパイプを背景に大統領に上り詰め、すべてを掌中に収めたかに見えた。だが、日本からの慰霊団47人を乗せたバスが忽然と消え、事態は思わぬ方向に転がっていく。善良な島民たちの間で飛びかう噂、おしゃべりな亡霊、妖しい高級娼館、巫女の霊力。それらを超える大きな何かが大統領を飲み込む。豊かな物語空間を紡ぎだす傑作長編。谷崎賞受賞作品。

同じ著者の作品

沖縄への短い帰還

池澤夏樹

十年後、ぼくらはどういう歴史を持っているだろう?

沖縄式風力発言 ふぇーぬしまじま講演集

池澤夏樹

つなぐものとしての言葉の力が沖縄では生きている。

アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす

池澤夏樹

雲の変化はそれだけ見ていても飽きない。

海図と航海日誌

池澤夏樹

本は人を変えるのだ。

池澤夏樹の世界文学リミックス

池澤夏樹

小説の基本の原理は他人の運命への興味である。

双頭の船

池澤夏樹

大事なのは土の匂いだ。

楽しい終末

池澤夏樹

これほどひどいことをするのが人間であり、それに耐えて希望を保つのが人間である。

短篇集 マリコ/マリキータ

池澤夏樹

ぼくのために用意された世界なのか、世界の一隅にひっそりと生きているぼくなのか。――「帰ってきた男」

短篇集 きみのためのバラ

池澤夏樹

彼女はまたにっこりと笑った。この笑いにぼくはつかまっているんだ、と彼は思った――「きみのためのバラ」

短篇集 骨は珊瑚、眼は真珠

池澤夏樹

ぼくは不安な気持ちを持ったまま、幸福にやっていくよ。――「眠る人々」より