東京喰種トーキョーグール[昔日]

星:30(30)

価格:648円(税抜)

配信形式:ストリーミング, ダウンロード

【小説版登場!】“20区鉄骨落下事件”より以前――。群集に紛れ、人を狩る“喰種”の存在は、東京の街でたびたび確認されていた。決して交わることのない2つの種族は、互いの息づかいに、耳を立てていた。それぞれに、葛藤と正義を内包して。[異族][孤読][惹者][徒口][似色]+α 連載開始前のエピソードを紡いだ、小説版第3弾!

レビュー

星:30

2016-11-07

漫画の補完の粋を出ませんが、ファンなら読んで損はなかろう。カネキくんの生い立ちは本当に戯曲のようだね。ピエロ連中がゆがんだ感情で見守りたくなるのもわからんでもないです。キャラで言えば菫香のしなやかさがとっても素敵だと思うのです。最後の魔猿こと古間さんのお話が好き。太宰の、如是我聞読んでみなければ。

星:50

2016-01-01

「東京喰種 昔日」
金木研の運命を変えた事件より以前のこと。


東京喰種小説版第3弾は、20区鉄骨落下事件より以前のことを描いています。20区鉄骨落下事件とは、金木研が半喰種になってしまった事件であり、全ての始まり。その事件が起きる前、20区、人と喰種は、どのように暮らしていたのか。


■異族
■孤読
■惹者
■徒口
■似色
■魔猿


遂に第3弾になってはいますが、漫画の世界観を壊す事のない仕上がりは変わりません。「異族」は、霧嶋姉弟の話であり、「孤読」は金木とヒデの話であり、「惹者」はリゼがまだ11区にいたころの話(+バンジョー)の話です。


6篇が収録されている中で一番印象深いのは、「孤読」。もうこういう話を読むのが辛くてしょうがない。母親を亡くした金木は親戚の家に引き取られることになるが、そこでの生活がどうにもこうにもつらいのだ。しかし、そこで光を見出してくれるのが、ヒデである。漫画では、金木には常にヒデがいて、ヒデには常に金木がいたけど、それは小説でも変わらない。


「徒口」は、アキラがアカデミー生徒だった頃の話。最後にちょろっと出てくる父親がニクイ演出。「似色」は錦の彼女である貴未の話。こちらも重い。なんでしょう、なんでこんなに重い話ばっかなんだろうと、悲しくなっていたら、最後に一本、面白いものが待っていました。


それが「魔猿」の話。読者はご存じのとおり、魔猿とは、コマさんのこと。漫画では、面白キャラになっていましたが、実は昔は凶暴な喰種。そんな喰種が何故、コーヒーを入れて、掃除するに至ったのか。そこのお話です。実にコミカルに描かれており、少し、ほっとする仕上がり。しかし、そんなコマさんも今はどこにいるやら。「東京喰種:re」での登場を願うばかりです。


さて、漫画「東京喰種:re」では、遂に月山習が復活。急に元気になった感はあるが、また荒れそうだ。

星:30

2015-03-19

なんだかんだ1日で全既刊読了できたのは電子版の読み易さのお陰か。
普段読む小説は専ら紙派ですがノベライズのような軽いものだと逆に紙より電書の方がわりと進む事が発覚。


ところで『zakki』にもありましたがこのノベライズ作品、全て原作者の石田スイ先生がきちんとチェックしてくださっているとか。
本当この方仕事熱心で原作ファンとしては感謝感激。。

しかしそうなると現段階でこの小説内のみに出て来ているキャラクターも本編に絡んでくるかもしれないと思うと何だか今からそわそわワクワク。


ところでノベライズはこれで終わりなのでしょうか?次は:re名義?

何はともあれ今は:re3巻の発売を心待ちにしています。

同じタイトルの作品

東京喰種トーキョーグール[日々]

石田スイ|十和田シン

【小説版登場!】“喰種(グール)”が集まる喫茶「あんていく」には、今日も様々な葛藤と事件が集う。店長…

東京喰種トーキョーグール[空白]

石田スイ|十和田シン

【小説版登場!】“アオギリの樹”による「喰種収容所(コクリア)」襲撃。未曾有の事態に、23区を厳重警…

同じ著者の作品

東京喰種トーキョーグール:re[quest]

石田スイ|十和田シン

【デジタル版にはプレゼント応募券は付属しません】【小説版登場!】人を喰らう“喰種”と、それを狩る〔…