並べ替え
新しい順
古い順
  • 散歩の達人_2018年2月号

    散歩の達人_2018年2月号New

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。山手線のてっぺん、正午あたりに位置する巣鴨・大塚・駒込は、山手線の駅の中でもちょっぴりマイナーな街かもしれない。おじいちゃん・おばあちゃんの街「巣鴨」、山手線内永遠の穴場タウン「大塚」、そして由緒正しきお屋敷町「駒込」。まずはそんな印象をもつ3つの街だが、それだけじゃない。それぞれに多彩で深い街の魅力が詰まっている。そして、ともに充実した商店街があるのも見逃せない。老若男女が元気になれる街なのだ。

  • 散歩の達人_2018年1月号

    読み放題

    散歩の達人_2018年1月号

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。戦後~バブル期にかけて続々と増えてきた街の大衆的な中華食堂が、今、「町中華」と呼ばれ注目を集めている。いわゆる本場の中国料理ではなく、定食やカツ丼、オムライス、カレーなど中華以外の料理がメニューに並ぶこともしばしば。多くが家族経営で、親戚や弟子へののれん分けで生まれた店も多い。知れば知るほど「どこにでもあるふつうの中華屋」の概念が覆り、ひいては街の風景さえひと味違って見えてくるはずだ。そんな町中華の世界をご堪能ください!

  • 散歩の達人_2017年12月号

    散歩の達人_2017年12月号

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。どちらも埼玉を代表する観光地、という以外に共通点がないように思える川越と秩父。位置関係もかなり離れている。しかし、両者とも県内屈指の織物の産地だったり、和菓子の名物も多かったりする。そして何より、どちらも祭りにアツい地でもある。祭りにアツいのは街に誇りを持っている人が多い証拠。実際、古い町並みを生かしつつも、新店が増え、街は随所で盛り上がっている。ますます魅力を増す、川越と秩父の今をご紹介します!

  • 散歩の達人_2017年11月号

    散歩の達人_2017年11月号

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。東京東部を代表する繁華街、錦糸町。その東隣にある江東区最古の街、亀戸。そしてその南側に位置する団地の街、大島。それぞれが別々の“東京下町”のイメージを持つ。年季の入った住宅と町工場がまだらに隣接し、雑多でちょっと猥雑、それでいて人情に厚い。日本橋まで約5kmと交通の便もいい。なのに家賃相場は都内でも比較的リーズナブル。一歩足を踏み入れると抜け出せない魅力に満ちた絶品下町トライアングルなのである。

  • 散歩の達人_2017年10月号

    散歩の達人_2017年10月号

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。千葉県北西に位置する東葛エリアの中でも、中核都市として活気ある柏、水戸街道の宿場町だった松戸、そして、江戸川の流通拠点として栄えた流山を特集。歴史もあるのだが、東京からほどよく離れているからこそ独自性が生まれ、独特な文化の醸成が進み、数々の個性派スポットを育んできた。さらに首都圏有数の商圏でありながら、農業が元気なのも見逃せない。文化と農のバランスがとれた、このエリアの魅力をたっぷり紹介します。

  • 散歩の達人_2017年9月号

    散歩の達人_2017年9月号

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「難しい」。それがこのエリアの第一印象だった。目黒や五反田の駅周辺は路地にもビルにも新旧のお店がびっしり詰まって、よそ者はどの扉を開けたらいいかわからない。白金にいたっては「高級住宅地で散歩を楽しめるだろうか」とイメージだけでひるむ。だが、歩いてみるとどうだろう。坂を下っては上り、上っては下りながら体感するのは、新と旧。ハイソと猥雑。山の手と下町。地形の高低差もさることながら、街も人も凸凹の連続で調子が狂う。不思議な空間、独特のカルチャー、どこか懐かしい人たち。突如現れる森やお屋敷、昭和風情の商店街。何かスゴイ、何かヘンだ。こんな都会のど真ん中なのに、出会うもの全てがとっておきの穴場じゃないか――。そして気づくのです。“難しい街”ほど散歩は面白い!

  • 散歩の達人_2017年8月号

    散歩の達人_2017年8月号

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。数年前から外国人観光客が増え、日本人よりも外国人の方が多いんじゃないかというカオスな状態の上野エリア。とくにアメ横は店の入れ替わりも激しいが、新店も昔からそこにあるように感じてしまうから不思議だ。一方、上野・御徒町から少し歩いた湯島、入谷・下谷では、驚くほどのんびりとした時間が流れている。久しぶりのパンダフィーバーに沸くこの夏、 のんびりとカオスが表裏一体となった上野周辺を歩いてみませんか?

  • 散歩の達人_2017年7月号

    散歩の達人_2017年7月号

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。井の頭線の電車には7色あるのをご存じだろうか? 特別ラッピング列車も運転されているので、実際には8種の電車が走っている。電車もカラフルなら沿線の各駅も多彩だ。ターミナルの渋谷・吉祥寺をはじめ、演劇や音楽の街として知られる下北沢など、様々な色を持つ街が連なっている。各駅で降りてみれば、どこも同じくいろんな人や物を受け入れる空気感。次の休みは、虹色の電車に揺られて、自分好みの街を探しに出かけませんか?

  • 散歩の達人_2017年6月号

    散歩の達人_2017年6月号

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。海を見たい。山に登りたい。ちょっとだけ街気分を味わいたい――。そんなときは、鎌倉です。年々新しいスポットが生まれ、同じ街を歩いているはずなのに、なんだか表情が変わった気がする、不思議な街。歩けば歩くほど、おもしろさの深みにはまってしまいます。にぎやかな駅周辺、探検気分の山の古道、ふと現れるタイムスリップ路地。どこか懐かしい江ノ電に揺られて、気持ちのいい海へ。ぜんぶ自由行動の大人の遠足へ、いざ!

  • 散歩の達人_2017年5月号

    散歩の達人_2017年5月号

    価格:648円(税抜)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。「日本橋」は結構広い街である。江戸時代からの商業地でありながら、現代はビジネス街であり、観光地であり、東京のど真ん中ながらも住宅地。全部で21ある日本橋と名がつく地名は、どこの町も表情が豊かだ。そして、どの街を見ても古くからあるものと新しいものが共存し、不思議と調和が取れている。きっとこの懐の深さこそ、東京一老舗ひしめく街の“らしさ”だろう。