並べ替え
新しい順
古い順
  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 魔術学校攻防

    魔術士オーフェンはぐれ旅 魔術学校攻防

    価格:630円(税抜)

    累計1000万部を超えるライトノベルの金字塔!2019年シリーズ生誕25周年へ。「第四部」初の文庫化10か月連続刊行第5弾!魔王の帰還! はぐれ魔術士たちの逆襲が始まる!【あらすじ】「革命だよ」《リベレーター》の襲来により、原大陸は永き平穏を失った。反魔術士の勢力が拡大する中、《戦術騎士団》は魔術学校に追い詰められる。旅を続けるマヨールはエドやラチェットと合流するが、新たな刺客が出現。大規模な戦闘が勃発してしまう。誰もが救いを求める混沌の中、帰還する魔王オーフェン。はぐれ魔術士たちの逆襲が始まるのだった! 一方、革命を目指すベイジットには容赦のない現実が襲いかかる……。中編「エド・サンクタムの生活」収録。著者について●秋田禎信 Yoshinobu Akita1973年東京都生まれ。1991年『ひとつ火の粉の雪の中』でファンタジア長編小説大賞準入選を受賞し、作家デビュー。ライトノベルに限らず、 一般文芸、アニメノベライズ、PCゲームの脚本などにも活動の場を広げている。その他の著書『機械の仮病』『虐殺機イクシアント』『巡ル結魂者』 シリーズなど。

  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場

    魔術士オーフェンはぐれ旅 解放者の戦場

    価格:600円(税抜)

    累計1000万部を超えるライトノベルの金字塔!2019年シリーズ生誕25周年へ。「第四部」初の文庫化10か月連続刊行第4弾!駒は出そろった―――原大陸は全面戦争へ!【あらすじ】「頑張りましょう、師匠!」カーロッタ率いる自由革命闘士の襲撃は、戦術騎士団を崩壊させた。責任を問われたオーフェンは市議会に拘束。残されたマジクとフィンランディ姉妹ほか、魔術士たちは治安維持に奔走するが、キエサルヒマより襲来した巨大な要塞船が予想以上の脅威となる。一方、妹・ベイジットを探すマヨールが辿り着いた開拓村は、《ヴァンパイア》が統治していた……。混乱極まる原大陸の覇権争いは全面戦争へ突入する!中編「と、魔王は考える」収録。著者について●秋田禎信 Yoshinobu Akita1973年東京都生まれ。1991年『ひとつ火の粉の雪の中』でファンタジア長編小説大賞準入選を受賞し、作家デビュー。ライトノベルに限らず、 一般文芸、アニメノベライズ、PCゲームの脚本などにも活動の場を広げている。その他の著書『機械の仮病』『虐殺機イクシアント』『巡ル結魂者』 シリーズなど。

  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 原大陸開戦

    魔術士オーフェンはぐれ旅 原大陸開戦

    価格:580円(税抜)

    累計1000万部を超えるライトノベルの金字塔!2019年シリーズ生誕25周年へ。「第四部」初の文庫化10か月連続刊行第3弾!はぐれ魔術士たちの終わりなき死闘―――第四部開幕!【あらすじ】「ぼくは、昔のこの人と同じことをしてるんだな」三年ぶりに原大陸を訪れたマヨールは、魔王オーフェンと再会を果たす。そこで知る、大陸の緊迫した情勢―――魔術士隊は巨人化(ヴァンパイアライズ)と戦い、彼らに反発する勢力の指導者《死の教師》カーロッタが暗躍していた。行方不明の妹・ベイジットを探す目的もあり、マヨールは《牙の塔》の面々と独自に調査を開始するが……。事態はそれぞれの想定を遥かに上回っていく。勝利の見えない絶望的な状況の中、はぐれ魔術士たちの死闘が幕を開ける! 中編「魔術戦士の師弟」収録。著者について●秋田禎信 Yoshinobu Akita1973年東京都生まれ。1991年『ひとつ火の粉の雪の中』でファンタジア長編小説大賞準入選を受賞し、作家デビュー。ライトノベルに限らず、 一般文芸、アニメノベライズ、PCゲームの脚本などにも活動の場を広げている。その他の著書『機械の仮病』『虐殺機イクシアント』『巡ル結魂者』 シリーズなど。

  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 約束の地で

    魔術士オーフェンはぐれ旅 約束の地で

    価格:560円(税抜)

    累計1000万部を超えるライトノベルの金字塔!2019年シリーズ生誕25周年へ。「第四部」初の文庫化10か月連続刊行第2弾!俺には使命があった――あれから20年。魔王にして校長のもとに新世代が集う第四部序章。【あらすじ】魔王と呼ばれたオーフェンがキエサルヒマ大陸を追われ、新大陸へと上陸を果たしてから20年。開拓団は様々な困難を乗り越えつつも発展を続け、ついには大陸同士の国交も結ばれるようになった。新大陸で魔術学校の校長に就任したオーフェンは、キエサルヒマへの帰還を果たす。そこで再会したのはかつての同窓たる仲間たちと、彼らの息子であるマヨール・マクレディだった。オーフェンは牙の塔での講演で若き魔術士たちを挑発し、新大陸へと誘う。3年後、マヨールは妹であるベイジット・パッキンガムとともに新大陸に渡る。そこはマヨールにとってすべてが刺激的な場所だった。神人種族による干渉、世界と人との危ういバランス、新しき技「魔王術」。そして、3人の「魔王の娘」・・・・・・。魔術士オーフェン・新シリーズへと繋がる、新世代の物語!著者について●秋田禎信 (あきた・よしのぶ)1973年東京都生まれ。1991年『ひとつ火の粉の雪の中』でファンタジア長編小説大賞準入選を受賞し、作家デビュー。ライトノベルに限らず、 一般文芸、アニメノベライズ、PCゲームの脚本などにも活動の場を広げている。その他の著書『機械の仮病』『虐殺機イクシアント』『巡ル結魂者』 シリーズなど。

  • 魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端

    魔術士オーフェンはぐれ旅 キエサルヒマの終端

    価格:560円(税抜)

    10か月連続刊行第1弾! 終端のその先へ!第二部と第四部を繋ぐ新天地への物語。【あらすじ】「わたしだって変わるもの」結界の消滅から一年。修業を終えた少女・クリーオウは秘めた想いを胸に荒野へと旅立つ。指名手配中の「魔王」を追うため――。一方、混乱を極める キエサルヒマ大陸では、貴族連盟と魔術士同盟の二大勢力が激しい対立を続けていた。秩序が崩壊する中、魔王オーフェンは一人、未開拓の地を見つめる。新大陸への移住計画を押し進めていたのだ。はぐれ者の魔術士の願いはただ一つ。変化と戦い、かつ拒絶しない。終端のその先へ! 第二部と第四部を繋ぐ新天地への序曲。 著者について●秋田禎信 (あきた・よしのぶ)1973年東京都生まれ。1991年『ひとつ火の粉の雪の中』でファンタジア長編小説大賞準入選を受賞し、作家デビュー。ライトノベルに限らず、 一般文芸、アニメノベライズ、PCゲームの脚本などにも活動の場を広げている。その他の著書『機械の仮病』『虐殺機イクシアント』『巡ル結魂者』 シリーズなど。