「クリスマス・ロマンス」全作品:2件

星:40(1)

並べ替え
新しい順
古い順
  • 屈辱のウエディングドレス クリスマス・ロマンス II

    屈辱のウエディングドレス クリスマス・ロマンス II

    星:30(1)

    価格:600円(税抜)

    人生のどん底でされた、屈辱のプロポーズ。なのに、なぜ私の胸はどきどきしているの?両親のいないピクシーは、弟が作った借金に苦しめられていた。車を売り、安フラットに越し、生活費を切りつめに切りつめても利子を払うのがやっとで、返済の終わりは見えない。そんなとき、ピクシーの前に突然現れたのがアポロだった。女性関係が2週間続かないことで有名なギリシア人の億万長者は、遺言によって、結婚し子供をつくる必要があるという。彼は傲慢にも、ピクシーにこう言い放った。「借金があり、弟のために苦労する君は、金で買える理想的な妻になれる」と。彼女に選択肢はなかった。今までに一度も男性経験がなくても。■ある日突然現れたギリシア人富豪と、脅迫されるように結婚したヒロイン。形だけのハネムーンでは苦い思いしか味わえないと思いきや、ヒーローのふとした優しさに甘い胸のときめきを覚え……。前作R-3283『情熱の聖夜と別れの朝』も併せてお楽しみください!

  • 情熱の聖夜と別れの朝 クリスマス・ロマンス I

    情熱の聖夜と別れの朝 クリスマス・ロマンス I

    星:40(1)

    価格:600円(税抜)

    偽名の大富豪は、お楽しみのつもりだった。おなかの子は愛の証と信じていたのに。吹雪のクリスマスイブの夜、ホリーは車が故障して困っていた。けれど、近くの別荘に滞在するヴィトという男性のおかげで、一晩だけ泊めてもらえることになった。イタリア人のヴィトは大変なお金持ちらしく、貧しい自分とはなんの共通点もないのに、彼女は最初から彼に惹かれた。だから、ずっと守ってきたバージンも捧げたのかもしれない。家に帰って妊娠がわかっても、ホリーは運命の恋を疑わなかった。だが知らせたいヴィトは見つからず、遊ばれたと思い知る。悲しみの涙にくれながら、ホリーは孤独の中で出産するのだった。■リン・グレアムが描く、クリスマスを舞台にしたミニシリーズ〈クリスマス・ロマンス〉の第1作をお届けいたします。イブに出会った理想の男性に身を捧げ、赤ん坊を授かったヒロイン。その後、ヒーローとはドラマチックな再会を果たしますが……。