並べ替え
新しい順
古い順
  • じぱんぐ!(2) ワニたちに明日はない

    じぱんぐ!(2) ワニたちに明日はない

    価格:450円(税抜)

    あの夏の事件から数週間、鷹彦は平穏な生活を……ぜんぜん送れないでいた。新聞部の名物娘・鬼瓦くるみちゃんが何を嗅ぎつけたのか、鷹彦にしつこくしつこくつきまとっていたのだ。そんな折、鷹彦の元に従兄の勧仁から連絡が入った。天国に帰ったはずのテンテンが、伊豆熱川のバナナワニ園に現れたという。「さ、行きましょう!」すっかりついて行く気のくるみちゃんに溜め息をつくしかない気弱な鷹彦。ところが彼の行く手には、さらに困ったモノたちが待ち受けていたのだった! ドタバタ痛快伝奇アクション、第2弾。●加門七海(かもん・ななみ)東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。

  • じぱんぐ!(1)

    じぱんぐ!(1)

    価格:450円(税抜)

    「ぎゃぁああ~!!」虚空を飛びながら、鷹彦は叫んでいた。なんでこんなことになってしまったのか。夏休みの宿題を写させてもらうため、図書館に行こうとしただけなのに……。 道でばったり美人教師に出会ってしまったのが不幸の始まりだった。連れていかれた博物館で、鷹彦の前につぎつぎ現れる魔人・妖人。天使にはなつかれ、あまつさえ、あの天草四郎にさらわれてしまったのだ! おまえら江戸時代の人間じゃなかったのか!! ……とは言えない気弱な鷹彦。彼の前に、キリシタンをめぐる怖るべき秘密が明かされようとしていた。 ドタバタ痛快伝奇アクション、第1弾。●加門七海(かもん・ななみ)東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。