並べ替え
新しい順
古い順
  • 南太平洋大決戦(3) ダーウィン沖激突!

    読み放題

    南太平洋大決戦(3) ダーウィン沖激突!

    価格:760円(税抜)

    空母飛龍から飛び立つ攻撃隊が、戦艦デューク・オブ・ヨークを撃つ!昭和17年8月、第三相模丸は、チモール島のクーパンからダーウィンへ向かっていた。上空哨戒や哨戒艇による警戒は行われていたが、護衛艦艇などはつけない独航船だった。そんな第三相模丸が突然、二発の魚雷を受けて沈没してしまう。一方、豪州侵攻作戦を進めていた日本海軍は、戦艦ノースカロライナ率いる船団と遭遇。第一次攻撃隊が敵船団に壊滅的な打撃を与え、さらに第二次攻撃隊が戦艦ノースカロライナへの攻撃を開始する。対空火器ボーフォース四〇ミリ機銃の猛射に攻撃を阻まれる中、一機の艦爆が機体から煙を吐きながらも戦艦に迫っていくのだった・・・・・・。シリーズ完結! 日本軍の豪州侵攻作戦の行方は!

  • 南太平洋大決戦(2) 豪州攻略作戦!

    読み放題

    南太平洋大決戦(2) 豪州攻略作戦!

    価格:760円(税抜)

    日本軍の陸海同時攻撃に翻弄される米海軍米船団に空母飛龍が迫る!昭和17年6月23日、オーストラリア南方海域に一万トンクラスの大型貨物船が姿を現した。オーストラリアへの重要物資を運んでいると踏んだ特設巡洋艦赤城丸の艦長は鹵獲を試みる。同年7月、日本陸軍は独立第一戦車中隊と独立第二戦車中隊、さらには整備中隊と独立自動車中隊を編入した支隊を改編し、クックタウン、そしてケアンズ攻略を目指す。一方、空母飛龍と空母隼鷹、就役したばかりの空母飛鷹を編入させた、山口多聞少将率いる第二航空戦隊はポートモレスビー奇襲のため、ニューギニア島を一気に南下するのであった。

  • 南太平洋大決戦(1) オーストラリア侵攻!

    読み放題

    南太平洋大決戦(1) オーストラリア侵攻!

    価格:760円(税抜)

    待望の新シリーズ!!豪州上陸作戦、決行!針路を阻む英艦隊に重巡最上・三隅が吼える!昭和17年6月、日本海軍はミッドウェー海戦で6隻の大型空母のうち3隻を失ってしまう。戦線が拡大し、空母部隊の再建が急がれる海軍は、雷撃も可能な小型の商船改造空母の建造を推進する。同年7月、戦車分隊を含む陸戦隊がチモール島のクーパン港に招集された。クーパン特別陸戦隊と名づけられたその部隊の目的地は、北西オーストラリアのポートダーウィン。米豪遮断を実現するため、オーストラリア大陸を攻撃目標に定めたのだった・・・・・・。オーストラリア本土侵攻を目論む日本軍の真の狙いは何か? 林譲治の新シリーズが始動!!